小型ボイラー取扱業務従事者を対象とする特別の教育

事業者は、労働者を「小型ボイラーの取扱いの業務」に就けるときは、労働安全衛生法の定めるところにより「特別の教育」を行うことか義務付けられています。
また、この「特別教育」は「小型ボイラー取扱業務特別教育規程」(昭和47年9月30日労働大臣告示第115号)に基づき行わなければなりません。
この講習は、事業者に代わって法定の「特別教育」を行うものです。

開催予定(2日間の講習です)

令和2年度
 東京支部ではこれまで、国の緊急事態宣言及び東京都の措置要請や東京都内の感染状況などを受け、また何よりも講習申込者の皆様その他の関係者への感染を極力回避するため、本年6月18日までの講習会の開催中止等をしておりましたが、講習会の開催と講習申込の受付事務を再開するにあたりまして、「今後の講習会の受講等についての皆様へのお願い」[PDF]にてお知らせしましたとおり、監督官庁の指導、東京都の要請、JBAビル管理者の要請等を踏まえ、実技教育の定員を半減(20名)するなど、相当な期間業務を大幅に縮小せざるを得ません。
 これらに伴い、原則講習会開催日以外の業務日についても、東京支部の業務を臨時に休業し、事務室を閉鎖することがありますので、あらかじめ、東京支部のホームページなどで、ご確認願います。
 また、JBAビル内における東京支部以外が開催する講習等との、感染防止対策上の会場調整が必要となるため、第3回の講習会の日程を一部変更させていただきますので、令和2年度 東京支部各種講習会一覧表[PDF]をご確認願います。  なお、今後も東京都の措置要請や東京都内の感染状況によっては、講習会の開催を中止させていただくこともありますので、ご承知置き願います。
 また、感染防止の観点から、東京支部が開催する講習の窓口申込の受付を当面休止させていただきますので、郵送によりお申込み願います。

第2回 学科 10月27日(火)
    実技A 10月28日(水) 定員20名 受付前 
    実技B 10月29日(木) 定員20名 受付前 
     ※実技はAかBのどちらか1日を選択してください。 
 

以降の日程をお知りになりたい場合は、こちらをご覧ください。
各種講習年間計画
令和2年度 東京支部各種講習会一覧表[PDF]

時間・場所

講習時間 1日目 9:00〜17:00 2日目 9:00〜13:50
(遅刻・早退・中抜けは認められませんのでご注意ください。)
開催場所 JBAビル (港区新橋5-3-1)

当支部事務室と同じ建物です。

JBAビル(日本ボイラ協会 東京支部)へのアクセス

内容

1日目 (学科教育)

  1. ボイラーの構造に関する知識
  2. ボイラーの附属品に関する知識
  3. 燃料及び燃焼に関する知識
  4. 関係法令

2日目 (実技教育)

  1. 小型ボイラーの運転及び保守
  2. 小型ボイラーの点検

事業者に「特別教育の記録」、受講者に「修了証」を交付します。

受講料

受講料 14,000円(本体12,728円+税)
受講料のほかに教材費(テキスト代)が必要になります。
なお、受講料等の領収書は現金での受領時のみ発行いたします。


小型ボイラーとは

ボイラーの適用区分は こちら をごらん下さい。

申し込み

お申し込み書ダウンロード(準備中)[PDF]

※上記ファイルはPDFファイルです。PDFファイルを閲覧するには、Adobeリーダー(無償)が必要となります。
Adobeリーダーダウンロード

次のいずれかの方法でお申し込み下さい。受講票を発行いたします。
なお、講習開始前までは講習の取消・変更が可能ですが、講習開始3業務日前以降は原則取消・変更手数料が必要となります。

  • 郵送でのお申し込み
    振込口座等に受講料等をお振込みの上、振込控(利用明細等)の写しを貼付し、講習日の3日前(土日休祝を除く)まで(必着)に、日本ボイラ協会東京支部まで郵送して下さい。
  • 窓口でのお申し込み
    当面窓口申込みを休止