ボイラー・圧力容器定期自主検査技術講習会

 事業者は、労働安全衛生法の定めに基づき、ボイラー又は第一種圧力容器については1月以内ごとに定期に定められた項目について自主検査を行い、その結果を記録し保存しなければなりません。  この自主検査が適切に行われるよう、「ボイラー定期自主検査指針」及び「第一種圧力容器定期自主検査基準」が示されています。
 本講習会は、適切・有効な自主検査が行われるよう、指針及び基準の「解説書」により行う技術講習会です。

お知らせ(新型コロナウイルス感染防止対策等)

 東京支部では、昨年の講習会再開以降、受講者の皆様その他の関係者への感染を極力回避するため、講習会の定員を半減し、「新型コロナウイルス感染防止に関する受講者の皆様へのお願い」[PDF]のとおり、感染防止対策を徹底するなど業務を大幅に縮小した上で、講習会を開催しております。
 これに伴い、講習会開催日以外の業務日についても、東京支部の業務を臨時に休業し、事務室を閉鎖することがありますので、あらかじめ、東京支部ホームページのお知らせなどで、ご確認願います。
 なお、今後も東京都内の感染状況などによっては、講習会の開催を中止させていただくこともありますので、ご承知置き願います。
 また、感染防止の観点から、東京支部が開催する講習の窓口申込の受付を当面休止させていただきますので、FAX又は郵送によりお申込み願います。

開催日程(1日の講習です)

 令和4年2月28日(月) 受付前
※申込みが一定数に達しない場合には中止することがあります。

上記が令和3年度最後の講習となります。

時間・場所

講習時間 9:00〜16:30
開催場所 JBAビル (港区新橋5-3-1)
当支部事務室と同じ建物です。(JBAビル内は全面禁煙です。)
TEL 03-5425-7770

JBAビル(日本ボイラ協会 東京支部)へのアクセス

講習科目

ボイラー及び第一種圧力容器の定期自主検査指針(基準)の解説
本講習の修了者には修了証を交付します

受講料

受講料(教材費(テキスト代)込・15,400円(本体14,000円+税)
なお、受講料等の領収書は原則現金での受領時のみ発行いたします。

申し込み

お申し込み方法は日本ボイラ協会東京支部までお問い合わせ下さい。